HOME欠損・修復治療

欠損・修復治療

虫歯や歯周病で歯を失ったら

虫歯や歯周病で歯を失ったら

むし歯や歯周病が進行して歯を抜くことになった場合は、その治療方法を選択する必要があります。
大きく分けると「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つがあり、それぞれに長所と短所があります。

那覇まかび歯科では、それらをきちんとご説明した後に、患者さんに納得いくものをお選びいただくようにしています。
当院から特定の治療法を無理にお勧めするようなことはありませんので、ご安心ください。

インプラント

インプラント

インプラント治療を行う際は、きちんとCTで検査を行い、治療シミュレーションに基づくサージカルガイド(インプラントを正確に埋入するための装置)を使用することが大切です。
那覇まかび歯科ではこういった手順をきちんと踏むことで、安全に治療を進めていくようにしています。

※難症例のインプラント治療につきましては、インプラントの専門医療機関にご紹介させていただくこともございます。

入れ歯

入れ歯

入れ歯には、通常の保険の入れ歯以外にも、金属のバネを使わないノンクラスプデンチャーや丈夫な金属床デンチャーなどがあります。

患者さんのご状況や、今使っている入れ歯でお困りの問題点などを踏まえた上で、 納得のいくものをお選びいただくようにしています。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは歯を抜く箇所の両隣に残っている歯を削り、それを支えにして新しい歯を取り付ける治療方法です。

この時、削った歯は弱くなってしまうため、できるだけ削る量を減らすことが大切です。
臨在歯の状況によっては、必要最低限の削合でブリッジを装着することができます。(接着ブリッジ)

歯の移植

歯の移植

抜かなければならないのが奥歯で、さらに親知らずが残っている場合は、親知らずを移植して使用することができる場合もあります。

適用できる症例が限られていますが、可能な場合にはそういったご提案もさせていただいております。